わこの日記

皮膚むしり症。


1年前の夏。
何かにイラついて
目の前の扇風機を右手で、殴った…
もちろん、扇風機は燃えないゴミ行き。

壊してしまった。
その時、右手の甲をゲガした。

すぐ治るはずの傷、少し切って血が出ただけ。
でも、今も治りません。


かさぶたになると取ってしまう。
皮を剥いてしまう。
はじめはそんなに気にしてなかったのに
やり出すと止まらなくなった。
血が出るまで
ここまで!と、思うとこまで 
むしらないと、気が落ち着かなくなった。



仕事中もやり出したら止まらない。
運転中も
右手でハンドル持ちながら左手で剥く。
片道1時間の道のりでも 
その間むしり続ける。


家でもやり出したら
何かをしていても手を止めてむしる。

手では物足りなくなって
そのうち、毛抜きを使うようになった。
表面の皮膚を摘んで力一杯剥く。
痛いし血が滲むけど、
そこまでやらないと気が済まなくなった。

私はおかしいのか?
おかしくなったのか?
と2日前から感じたので、調べてみたら

皮膚むしり症。』と言う病名に辿り着いた。

皮膚むしり症

衝動制御障害の一つで皮膚の凹凸や角質に留まらず健康的な皮膚もむしり取らずにはいられなくなる。DSM-5では『強迫症および関連症群』に分類されている[1]ICD-10では「人工皮膚炎」の下位分類に記されている。


患者の4分の3は女性である。


通常は爪で自らの皮膚をむしるが場合によっては針やピンセットなどの道具が使用されることもある。傷跡の化膿や出血を招くので早めの治療が必要である。

私が、それなのか正確には分からないけど。
バンドエードで触らないように頑張ってるところ。
やめられない。

おかしいよね。こんな自分。






-わこの日記

Copyright© わこそら , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.